読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたに出会ってわたしは

オタクからリア充へ 毎日が黒歴史人生

高校生のときの趣味のこと、恋のこと

こんばんは。

ちんげんさいです。

 

いつも読んでくださっている方、星をつけてくださっている方、本当にありがとうございます!

 

今日は高校時代の中の、明るい話をします!

 

明るいのかわかんないですけど、この記事ほどは暗くないのでライトな気持ちで!

 

ix410lu.hatenablog.com

 

(はじめてパソコンで記事を書いていて、こんな機能があったのか!と試しに使ってみました。楽しい...!(笑))

 

高校時代の趣味なぞのお話を。

 

先日の記事でも少しお話しましたが、邦楽ロックにはまっていました。

 

ロキノン厨って感じで、雑誌を買ったり、良さもわかっていないけど流行ってるからと聞いてみたりしていました。

 

その頃はまっていたのは、THE BAWDIES、9mm Parabellum Bullet、The Mirrazなどなど...

今でも大好きです。 やっぱりテンションあがります。

 

それと同時にはまっていたのが、やっぱりBL(ボーイズラブ)です。

 

中学時代のように、二次創作BLではなく、一次創作BL(オリジナル作品)にはまっていました。

 

でも、家族や友人には話せなかったので、携帯でこっそりサイトを探して読んだり、

商業コミックを買って見つからないように引き出しの奥深くに隠したりしていました。

 

中学3年~高校2年最初くらいまでは、本当にBL読まなかったんですが、

あるコミックと出会って一気に引き戻されました。

 

それは、中村明日美子先生の「同級生」です。

 

同級生 (EDGE COMIX)

同級生 (EDGE COMIX)

 

 独特な絵柄で、最初は苦手な絵柄かな?と思っていたのですが、

どうしても気になって購入しました。

 

わたしのつたない語彙力では、うまく伝えられませんが、ほんっっっとうにいいです。

 

高校生、同級生、ちょっとおちゃらけた彼と秀才の彼、限られた時間、若さ、男同士という後ろめたさがまざりにまざって、独特の切なさとときめきを味わわせてくれる名作です。

 

これはBLを読まない方にもおすすめしたいです。

 

脱線しましたが、これを読んで再びBLの世界へ。

 

今はピクシブが主流なので、簡単にお気に入りの作家さんを見つけることができますが、

当時はまだまだ個人サイトが主流だったので見つけるのも一苦労でした。

個人サイトなので、昨日まであったのに急にサイト閉鎖!更新停止!なんてこともザラでしたね。

今でもお気に入りのサイトさんの、オリジナルBL連載が読めなくなったことをずっと悲しんでます...

 

そしてわたしはそこから再び絵を描き始めます。

 

中学校の頃も描いていたのですが、いったんそこから離れてからは全く描かなくなっていました。

描き始めたのはよかったのですが、わたしは自分の絵にまったく自信がないので一人でちまちま描いては捨て描いては捨て。

漫画っぽい絵柄なので、余計に人に見せるのが恥ずかしくてたまりませんでした。

 

それが大学3年後半くらいまで続きます。

 

BLを読むのは今でも大好きです!

唯一続いている趣味ごとでしょうか。

蔵書は場所の都合でだいぶ減らしていますが、やめられませんね。

 

恋愛の面ですが、高校の間に4人に片想いしました。

高校1年の最初、かなりギャル男のような留年生を好きになりました。

今考えるとなんであの人を好きになったんだ?と思いますが(笑)

メールはしていましたが、全然話せないまま彼は高校に来なくなりました。

 

次に好きになったのは、小柄で細みでおとなしい男の子でした。

彼ともほとんど話さなかったですが、自分はなぜか告白しました。

電話で告白したのですが、ちょっと考えさせてといってその1分後にメールで振られました。(笑)

 

3人目に好きになった人は、高校2年のころ、背の高い明るい男の子でした。

彼ははじめてちゃんと話をして、好きになった人でした!

優しくて楽しくて、メールもいい感じで...いけると思ったんですが、

ある日なぜか急に避けられるようになって勝手に振られた感じでしたね。

ショックというか、はあ?と言った呆れ怒りのほうが大きかったです。

 

最後の人は誰にも言ってなかったのですが、わたしが唯一趣味のことを話していた人でした。

引くこともなく、ましてや乗ってきてくれて、あの漫画いいよね!と話してくれました。

多分この人が一番好きだったな、と思うのですが、わたしが引きこもっている間に友達の彼氏になってました。

これは本当にショックでしたね。

全然受け入れられなくて、この人から今の彼まで好きな人が全く出来ませんでした。

人を好きになる方法もわからないし、出会いもなかったし。

何度いっても物足りないくらい、今の彼に出会えてよかったです。

 

高校時代の話はこれでおしまいです。

 

長いだらだらとしたお話、付き合ってくださりありがとうございました。

 

お次は、高校受験~大学のお話をします。

なぜこんな私が今の彼と出会うことになったのか、その核心に近づいていければと思います!